キャスト


この博士の愛した数式の配役ってほんとあって

いますよね☆

たまになんでこの人!!って映画もあるけど、

この映画ではみんなピッタリ☆☆

ここで簡単にキャストをご紹介☆

博士役は寺尾聰。ほんとこの配役は適役ですよね☆

記憶が80分しかもたないという数学学者の

演技を見事に演じています☆

杏子(私)は深津絵里さんが演じていますが

いつも明るく、笑顔がかわいい深津絵里さんは

ほんとぴったりな配役☆

子供時代のルートは齋藤隆成君が演じています。

ちょっとかつぜつが悪くて、とってもかわいいです☆

未亡人は浅岡ルリ子が演じていますが、影があるちょっと

ミステリアスな感じで、とってもよかったです。

先生はあの北の国からの吉岡秀隆 !!

彼はほんと色々な映画に出演していますよね!!

ちょっと抜けた感じで、この映画にはぴったりだったと

思います。

ほんといい映画なのでみなさんも見てくださいね☆

映画をみながらお勉強


博士の愛した数式には博士がもと数学学者

だったこともあり、色々な数学用語が登場する!!

映画の博士の愛した数式ではルートが数学の

教師になり、その回想シーンで色々な

数字について説明するシーンがたくさん出てくる☆

数学嫌いの私としては、ちょっぴり頭の痛くなって

しまいそうな場面だが、ルートが博士のことを

回想にながら話す数字の話はおもしろくて、

大変分かりやすい☆

私もこんな授業だったらもしかしたら

数学を好きになってたかもなーなんて思ったり

しました。

もしお子さんがいる人は回想場面で数字の

説明をしているシーンはとっても

興味深く分かりやすいので是非見せることを

おすすめします☆

映画を見ながら、勉強できちゃうかも!!!

博士


この博士の愛した数式に出てくる博士について

ちょっとご紹介したいと思います☆

博士は交通事故により、記憶が80分しかもたない。

博士はいつもスーツに忘ちゃいけないことを、

メモして貼るようにしている。

この博士、なぜ博士なのかというと、もと数学学者で

大学では博士号ももっていることから、

そういわれている。

この博士は、数字をこよなく愛していて、

人と会話をするときに、何を話したらいいのか

分からなくなってきたときのために数字を

言葉のかわりにコミュニケーションの一つとして

使うのが癖☆

だから、この博士の愛した数式には色々な

数学用語がたくさん出てくる!!

中でも博士が一番愛したのが28という完全数!!

阪神タイガースの江夏豊の背番号であり、

博士はこの江夏豊が大好き☆

だが、この江夏豊は博士が記憶をなくしたときの

選手であり、もう引退してしまっているが

博士はこのことをしらない。。。

博士の愛した数式


この前土曜ロードショーで博士の愛した数式が

放送されていましたね!!!

みなさん見ましたか???

私はDVDを借りて見ようと思ったら、

プレステが古くて見れませんでした。。。。

でもどうしても博士の愛した数式がみたいと

思っていた矢先に地上波で初登場ということを

知り、心待ちにしていました☆

いやー!!!ほんとこの博士の愛した数式は

なんか心が温まるようでとっても面白かったです☆

なんかとっても素敵なお話で、思わず涙がこみ上げてくる

シーンもたくさんありました☆

まだ見てないって方がいたら、是非見ることを

おすすめしますよ☆☆

人の温かさがひしひしと伝わってくるとっても

いいお話です☆☆

博士の愛した数式って???



博士の愛した数式とはあの芥川賞作家の小川洋子さんの

小説を原作に映画化されたもの!!!

簡単な映画のあらすじでは、元数学学者の博士が、

事故によって記憶が80分しかもたないという設定。

その博士のお世話をするべく家政婦として家政婦紹介所

から派遣されていった「私」とその子供のルートの

心温まるストーリー☆

博士は元数学学者というだけあって数式をこよなく

愛していて、会話の中には必ず数式が登場する☆

子供のルートというのは博士がつけたあだ名で

息子の頭がルート記号のように平らなことから

博士がそう名づけた。

博士は子供が大好きで、このルートが来るようになったのは

シングルマザーの「私」が、子供を一人置いて

自分のお世話をしに来ていることをしり、

自分の家に連れてくるようにいったことから、

博士とルートと私のすてきな話が始まる。